ファミリーキャンパー あまつ人さん|ノルディスクアルヘイム

ノルディスクアルヘイム

あまつ人さん

お子さんと一緒にカヤックなどで遊んだり、ファミリーキャンパーのお手本になるようなアウトドアライフを楽しまれている【あまつ人さん】の登場です。

「神奈川県を中心にナチュラムテイストを好み、日々物欲と葛藤しながら、アウトドアライフを楽しんでいます。」というあまつ人さんのブログは、冬キャンプ必須のストーブに関する情報も充実しています(*ノωノ)

このキャンパー記事が素敵と思ったら いいね! シェア お願いしますm(__)m



nordisk アルヘイム19.6

ノルディスクアルヘイム

ファミリーキャンパーのあまつ人さんがチョイスしたメインテントはノルディスクのアルヘイム19.6(*'▽')

「設営が楽なワンポールテントを探していて、一目惚れでした」ということですが、アルヘイム19.6はとっても大きいサイズ!(^^)!

家族みんなで過ごしても十分余裕がありそうです☆

ノルディスクアルヘイム

テント内はこんな感じ♪

中央のシロクマさんはノルディスクにちなんででしょうか(*'▽')

しかし寝床を設置してもこの広さには驚きです(*ノωノ)

モノポールテントの場合、中央のポールが邪魔で狭く感じるものもありますが、ここまで来ると全く気になりません☆

ノルディスクアルヘイム

とても絵になるアルヘイム19.6(*'▽')

仲間のテントと比べてもその大きさがわかります♪

「結露もなくとても快適です」とのことですが、あまつ人さんはマンション住まいのため、雨の撤収は骨が折れるそう(:_;)

その気持ち、とても分かります。。。(;´Д`)



カヤックのファミリーキャンプスタイル

カヤック
カヤック

カヤック

あまつ人さんのファミリーキャンプスタイルで目を引くのがこのカヤック(*ノωノ)

2014年に西湖湖畔キャンプ場に行った際の写真をご紹介いただきましたが、カヤックの他にも魚を取ったりみんなで楽しく過ごしているのが伝わってきます☆最高の想い出になること間違いなしですよね(*^-^*)

 

うーん、うらやましい限り(;´Д`)

アルヘイムとのツーショットもカッコイイ!(^^)!



Gstove|薪ストーブ

Gstove
ノルディスクアルヘイム
Gstove

冬キャンプに欠かせない薪ストーブですが、導入に悩んでいるキャンパーさんもたくさんいると思います。

ブログではノルディスクアルヘイムに煙突を通す工程を丁寧に解説されているので、かなりイメージ湧くのではないでしょうか(*'▽')

Gstove
Gstove
Gstove

Gstove

薪ストーブは2台目というあまつ人さん☆

薪ストーブの準備が出来れば冬キャンプも安心して楽しめます♪

 

「Gstoveはフォルムも性能も抜群でテント内はまるで常夏」とのこと(*ノωノ)

 

Gstoveに専用のプロテクターとフラッシングキットを使用していて、サイズもぴったり!(^^)! かなり本格的に見えますが(実際本格的ですが。。)、一つ一つの工程を見ていくとなんとか頑張れそうですm(__)m

最大火力にすると煙突の色が写真のように( ゚Д゚)恐るべしスペック(;´Д`)

 

冬キャンプするキャンパーさんがどんどん増えてきていますが、寒さ対策がキッチリできると「どの季節より冬キャンプが最高」というキャンパーさん多いですよね☆

 

もちろん安全対策もしっかりと行っています↓


火の粉によるテントの穴あき防止&熱対策

あまつ人さんの経験から、耐熱対策とテントの穴あき防止策をご紹介いただきました(*'▽')

結構冬キャンパーでストーブ使用に対して心配がある方も多いはず(^^)/

具体的なのでとっても参考になりますよ~♪

①金網

Gstove

煙突から出る火の粉を少しでも減らす工夫として、煙突内に細かい金網を装着☆

②耐熱布

Gstove

上にもあるように煙突はとっても高温になります。ここに耐熱布を装着☆ちなみに巻いても問題なく収納できます♪

③焼き付き防止潤滑剤

焼き付き対策には潤滑剤を使用することで撤収も楽になるそうです☆



ピコグリル

ピコグリル

もう一つピックアップギアはピコグリルの焚火台(^^♪

軽くて(小さいものだと442g!!)持ち運びも楽ということで人気の焚火台ですが、何よりデザインが洗練されてて良いですよね(*^-^*)

ピコグリル

子供たちも楽しく「火」のお勉強( ..)φ

最近教育の観点からもキャンプが注目されてきているようですね('◇')ゞ

ピコグリル

調理器具としても十分の機能のピコグリル(*^-^*)

人気が出るのもうなずけます(^^♪