ファミリーキャンパー kuroazukiさん

ROBENS TRIPLE DREAMER

kuroazukiさん

ナチュログでは知らない人はいないほどの有名キャンパー、FREE SITEを運営しているkuroazukiさんが登場ですっ(*'▽')

 

「BMW MINIに家族四人と道具満載でキャンプしています。コンパクトカーでも積載を諦めない!の精神で何でも積んで運びます。」

ということで、様々なキャンプアイテムとキャンプレポをほぼ毎日更新されています!!(^^)!単なるブログレベルではないので、一見の価値ありっ!m(__)m

 

今回はレアなRobens Triple Dreamerというテントをご紹介♪

サイトのプライベート感と景色の素晴らしさから、好きなキャンプ場は群馬県のくりの木キャンプ場とのことです☆BMW MINIを見つけたら、それはkuroazukiさんかもしれませんよ(^^♪

このキャンパー記事が素敵と思ったら いいね! シェア お願いしますm(__)m



ROBENS TRIPLE DREAMER

ROBENS TRIPLE DREAMER
ROBENS TRIPLE DREAMER

ROBENS TRIPLE DREAMER

kuroazukiさん使用テントは、ROBENS TRIPLE DREAMERという2ルームのトンネルテント(*'▽')


もともとはずっとスノーピークアメニティードームを使用してきていて、過去100泊以上はアメニティドームで過ごしてきたツワモノ(^^)

 

現在は国内代理店があるそうですが、購入当初は代理店がなく、個人輸入でGetした幕です。

ノルディスクのreisaと形状は似ていますが、Robens Triple Dreamerはスカートがあり、冬キャンパーにも納得のテントです。


現在は廃盤ということで残念です( ;∀;)


ROBENS TRIPLE DREAMER
ROBENS TRIPLE DREAMER

最近人気のツールームテントは、設営が見た目と比べて楽というキャンパーも多いですが、こちらも意外に簡単とのことです。

 

注目ポイントはテント側面にビニールの窓がついている点(*'▽')

これがあると、いちいち外の冷気や雨を入れることなく天候チェックが出来ますよね♪実用面だけでなく、窓があるとオシャレに感じます♪

 

出入り口は正面を跳ね上げて、あるいは側面を使用できます。ツールームということで、5人部屋と2人部屋に分かれていますが、当然リビングとベッドルームに分けて使用することも出来ますよ~(^◇^)やっぱりファミリーキャンパーにツールームが支持される理由がわかります☆

ROBENS TRIPLE DREAMER


手作りテーブル"BEEF TABLE"

BEEF TABLE
BEEF TABLE

手作りテーブル BEEF Table

友人であるBEEFさんが作ってくれた、自作テーブルです☆

自作といっても完成度は高すぎでびっくりします(=゚ω゚)ノ

 

ユニフレーム焚火テーブルとの相性抜群♪既製品のようです!

更にkuroazukiさんご自慢のミニのラゲッジにぴったりはまるように設計されていて、折りたたむとご覧のように完璧にフィットしています(*'▽')

 

ということでBEEFさんのブログもご紹介しちゃいますm(__)m


BEEF Table
BEEF Table
BEEF Table


BYER バルバドスハンモック&自作ハンモックスタンド

ハンモック
ハンモック
ハンモック

BYERバルバドス&自作ハンモックスタンド

ハンモックで過ごす時間は格別(^^♪

市販のハンモックスタンドを使用している人も多いですが、実はハンモックスタンドを自作されているキャンパーも結構いらっしゃいます♪ということでkuroazukiさんも、ハンモックスタンドを自作です(≧▽≦)

 

まず素材は材質と強度を考えてウッドデッキ用のウェスタンレッドシダーという木材を使用♪やすりをかけて塗装~&乾いたらマルカンボルトで固定して完成です(*'▽')

 

ちなみにkuroazukiさん使用のハンモックはBYERのバルバドスというレインボーカラーのハンモックです☆

 

自然に溶け込む素敵なハンモックスタンドですよね(^◇^)



裏ワザ Wild Oneコット&Snow Peakザオフトン

裏ワザ コット&ザオフトン

冬でもキャンプをされているkuroazukiさん、暖を取るために色々トライされています♪テーブルを改造してコタツを作ってしまったり|д゚)

今回はコットとザオフトン(スノーピーク寝袋)のコラボに挑戦(*'▽')

 

本来ダウンシュラフの場合だと、寝たときに背中部分のダウンがつぶれてしまい、効果が半減( ;∀;)そこでで、「コットの裏側をダウンで覆ってしまえば体重でロフトを潰さないんじゃ?」という発想から実験されたのが、自作”ダウンコット”(=゚ω゚)ノ

 

スノーピークのザオフトンをコット裏面までかぶせた状態で裏側を留めます。側面はまだ改良中の部分もあるようですが、コット、ダウンシュラフそれぞれのメリットを生かした”ダウンコット”が出来ました☆

 

kuroazukiさんのブログでは裏ワザも色々トライされていてとっても楽しめます~(^^)

コット オフトン

コット ザオフトン
コット ザオフトン
コット ザオフトン