キャンプ場ドローン空撮&総合プロモーションサービス

ドローンによるキャンプ場空撮・プロモーション動画編集・展開まで

キャンプ場の空撮を行い、キャンプ場のイメージ訴求につなげます。

キャンプイズムクルーがキャンプ場現地へ撮影に行きます。空撮動画、静止画の撮影後は、キャンプ場専用ページ作成、動画編集、YouTubeへのアップ、SNSなどでのアナウンスまで行います。

キャンプ場ドローン空撮プロモーションサービス目的

キャンプ場ドローン空撮

キャンプ場選びに迷っているキャンパーさんに、最大限キャンプ場の魅力を伝えることを目的としています。写真だけでなく、動画を撮影することで、キャンプ場の周りの自然環境などもキャンパーさんに伝えることが出来ます。


キャンプイズムによるドローン空撮サービスの特徴

Professional

Phantom3

ドローン空撮で最も支持されているDJI社のPhantomシリーズによるキャンプ場空撮を行います。また撮影クルーは東京航空局の許認可を受けたパイロットが行います。キャンプ場全体の環境をキャンパーさんに伝えることが出来ます。

詳細記事作成

キャンプ場インタビュー

キャンプ場の詳細記事作成を致します。キャンプ場基本情報だけでなく、キャンプ場コンセプト、理念をキャンパーさんに伝えることで、これまでにない角度から魅力を伝えることが出来ます。

Web掲載までサポート

キャンプ場空撮

キャンプ場空撮から動画の編集、ウェブ掲載までキャンプイズムではサポートいたします。オリジナルホームページの充実にお役立てください。



ドローン空撮&プロモーションを行ったキャンプ場様の声

河西オーナーコメント

『やった決め手は酒井さんの思いと「キャンプイズム」のコンセプトに賛同したことです。

キャンプ場ドローン空撮をやってよかったこととしては、①HPで「ウソ」や「背伸び」をせず、フィールドの魅力が3割増し(?)で伝えられる点
②来場前に動画を閲覧いただくことでレイアウトなど施設全体のイメージをつかみやすい点。ですね!

またキャンパーの目線に一番ちかい切り口での取材内容が魅力。今後ボリュームが増えていけばきっとキャンパーにとってキャンプ場選びのよい物差しになると思います。』

新藤オーナーコメント

『普段、キャンプ場を平面的にしか見ていませんでしたので、提案されたときに、お客様に場内の雰囲気が伝わりやすいのではないかと感じお願いをいたしました。キャンプ場ドローン空撮に関しては、キャンプ場の雰囲気を伝えるように工夫をしていただいたので満足しております。

リーフレットからHPへ、さらに動画へと進化しお客様に木立の中の自然豊かなキャンプ場だと伝わったと思います。その成果、お客様の増加に繫がったんではないかと思います。』

本田オーナーコメント

 『映像の美しさにまず心を奪われました。

さらに音楽を含め、編集が大変素晴らしく、当キャンプ場のイメージアップにつながったと思っています。また動画があることによって、お客様に当キャンプ場の良さをわかって頂きやすくなったと感じています。

ドローン空撮をして頂いて、オーナーであるわたし自身も氣が付かなかったキャンプ場の魅力を再認識することができました。また、内容の素晴らしさの割に料金が大変良心的と感じました。

取材中、いろいろお話をさせて頂いた中で、自然に口にしていた「当キャンプ場の長所」「アピールすべき点」「魅力」等、たくさんのキャンプ場を見てきたキャンプイズムならではの着眼点が記事のあちらこちらに散見され、素晴らしい記事になりました。とても感謝しています。』


鷹野オーナーコメント

『一番良かったのは、HPを見てくれた方がまず観るので、全体像を把握してくれる点ですね。これまで写真では伝わっていなかった点が伝わっているし、新しいところを探しているキャンパーさんが見た時にそのまま予約つながっていると思います。それと、例えば川までの近さも空撮映像だとわかるし細かい質問もなくなりました。』

加納晃通さんコメント

『空撮見てきてくれる人も増えたし、いつも来ているお客さんの「鳥になったような視点で感動!」というの言葉が印象に残りました。とにかく真上からは絶対に普段観ることが出来ないので感動ですよね!』


山口オーナーコメント

『映像も写真も綺麗だし、見てくれている人がいるのは確実なので、やってよかったです。キャンパーさんだけでなく、キャンプ関係の知り合いからも空撮見たよとか声を聞くようになったのもなんかうれしいですね。』

孝次郎さんコメント

『文字や、口頭、写真で表現出来なかった点がお客さんに伝わるようになって、わかりづらかったことが説明しやすくなりました。集客にもつながってきていると思います。知り合いからも空撮みたよ!とか好評で、生の声聞けるとやっぱり嬉しいですよね』

豊橋オーナーコメント

『自分でも見たことがない映像が見れて満足しています。お客さんもびっくりしていますし、新規のお客さんも増えた実感があります。取材記事のおかげもありマナーも格段に上がってきている気がします。』


新堂オーナーコメント

『違う角度から観れたのが良かったし、お客さんからも感激したという声もありやってよかったです。秋近くに空撮しましたが、それだけでも空撮観てきたというキャンパーさんもいて空撮効果に驚きました。

取材の方は知り合いやリピーターさんから「出てたよ~」と逆に声かけてもらったり、面白かったですね』

小松支配人コメント

『とにかく色々な方面からの反響が大きかったですね!広大な公園も含めて結構見ているお客さんが出てきています。スケールも伝わるし、テニスコートやアスレチックなど施設も認知度アップにつながったと思います。県の職員の人も含めて感動してくれています』

中尾オーナーコメント

『普通では伝えられない魅力、例えば、上から見た景色、周辺環境、自然に囲まれている雰囲気がダイレクトに伝わって良かったです。高さを活かした上下の“映像”がまた独特の雰囲気があってインパクトありますし、取材記事含めてキャンパーさんにとっても良いものに仕上がって満足しています!』



オーナーズ

キャンプ場詳細記事とは

キャンプ場専用ページを作成致します。

オーナー様、代表者様へのインタビュー形式の記事作成、写真掲載によるキャンプ場の特徴などの紹介をします。徹底的に深く魅力を掘り下げ、他にないキャンプ場の詳細情報をキャンパーさんへ提供します。


キャンプ場詳細記事掲載目的

キャンパーさんたちが新しいキャンプ場を探す際にインターネットを利用する場合が多々あります。

その際活用されているものの1つがポータルサイトですが、もっと分かりやすく情報を多くして欲しいなど様々な声があります。

オーナーズインタビューでは、キャンプ場の理念、ビジョン、立ち上げ時の想いなど、出来るだけアナログに近い温かい情報を提供していくことで、安心してキャンプ場選びをしてもらうことを目的としています。

ユーザー目線の判断基準

 

ポータルサイトでは認知度を上げることに大きな効果を発揮します。しかしポータルサイトだけでは他のキャンプ場との差別化がとても難しい現状があります。

オーナーズインタビューは、キャンプ場の想いの部分を掲載することでポータルサイトなどで認知を上げた後の問い合わせ率を上げるために役立てます。

サイト訪問者のキャンプ場選び最終決定にオーナーズインタビューと空撮動画をお役立てください。


①安心感

オーナー・スタッフの顔が見えることで圧倒的な安心感を訴求できます。

また、キャンプ場立ち上げのエピソードやストーリーなどからコンセプトをキャンパーさんに伝えることも出来ます。

ドローン空撮キャンプ場

②画像の見易さ・情報量・空撮動画

キャンプイズムがこだわったのは、キャンパーさんにとってしっかりした判断基準になる情報を提供すること。

出来る限りキャンプ場の写真を掲載し、それぞれの特徴を記載していきます。キャンプ場オフィシャルページに負けない情報掲載量を目指しています。

キャンプ場ドローン空撮


キャンプ場ドローン空撮サービス 取材記事・料金について


ドローン空撮・掲載までの流れ

①申込

以下フォームより申込ください。撮影までの流れなどのご連絡致します。

②日程調整

ドローン撮影、取材日時の調整を致します。エリア料ご入金確認できましたら撮影・取材にお伺いいたします。

③取材・撮影

ドローン撮影当日までに注意点などをお伝えいたします。撮影当日はキャンパーさんに迷惑のかからないように事前に撮影のアナウンスをお願い致します。また天候により撮影日時を変更することがあります。

④編集・掲載

撮影後、データ編集、記事の作成を致します。

また、Facebook、YouTubeへのアップ、ブログでの紹介などキャンプ場認知度アップのサポートしていきます。



キャンプ場ドローン空撮サービスの注意点

2015年12月10日の改正航空法施行に伴い、ドローン空撮において様々な制約が加わりました。

キャンプイズムでは安全を最優先に空撮サービスを提供するため、場合によっては撮影をお断りさせていただくこともありますのでご了承ください。

またキャンパーさんに迷惑をかける可能性のあるフライトは行いませんので、事前に打ち合わせなどを行わせていただきます。

(キャンプイズムは、東京航空局「無人航空機の飛行に係る承認書」を取得したパイロットが空撮を行っています:航空法第132条の2第1号、第2号及び第3号)

ドローン空撮が出来ない天候について

・雨天

・降雪

・強風

・氷点下の気温時

・濃霧

 

ご希望の日程調整をしますが、事前の天気予報をもとに撮影日を延期する場合もございます。

ドローン空撮が出来ない場所について

・住宅密集地域

・交通量の多い道路近辺

・変電所、高圧線近辺

・携帯電話基地局近辺

・鉄道、駅近辺

・空港、自衛隊基地(米軍基地含む)、航空管制塔付近

・原子力発電所近辺

・30m以内に人がいる場合⇒キャンプイズムは許認可を受けているため、安全を最優先に撮影することが出来ます。

 

その他規制がかかっている地域




Have a Nice Camp Life!

「自然を愛する全ての人の為に」