スノーピーク Snow Peak

スノーピーク

スノーピークのキャンプスタイル

トルティユPro
トルティユPro

スノーピーク トルテュPro

きました、スノーピークのProシリーズからトルティユPro。

ロングキャンプにはもってこいのトルテュProはスペックも最高峰の幕です。


ドックドームPro6
ドックドームPro6

スノーピークProモデルから、ドックドームPro6。

アウターフレーム構造のドームテントという珍しい機構は、シェルターとしても、ドームテントとしても使えます。


ランドブリーズ
ランドブリーズ

スノーピークスタンダードモデルからはランドブリーズの紹介。

耐久性にも優れ、ベテランキャンパーからも支持を受けています。


ランドロック
ランドロック

スノーピークランドロックはシェルターと寝室を備える大型テント。これ一つあるだけで完結してしまう機能です。


アメニティドームM
アメニティドーム
アメニティドーム
スノーピーク アメニティドームM

スノーピークヘキサタープ
スノーピークヘキサタープ

スノーピークのヘキサタープ。

ソロキャンパーにも人気のヘキサタイプは、ロー、スタンダードと設営の幅が広がります。


メッシュシェルター
メッシュシェルター

スノーピーク メッシュシェルター。

リビングとして使用するメッシュシェルターは、アメニティドームとの相性も抜群。


リビングシェル エッグ
リビングシェルエッグ

スノーピークのシェルタープ、リビングシェルエッグ。廃盤になってしまったラインナップですが、まだまだ人気のタープです。


スノーピーク レクタタープ
スノーピーク レクタタープ

スノーピークのレクタングラータープ。

広いスペースを確保できるレクタタープは、グループキャンプに人気のタープです。



スノーピーク お勧めキャンプ用品

スノーピーク焚火台&ジカロテーブル


スノーピークの代名詞的キャンプギア、焚火台とジカロテーブルです。

自らがキャンパーであるというコンセプトの元、直火での焚火による地表へのダメージをなくすために開発されたアイテム。

4枚の三角形の強靭なパネルを組んでいるシンプルな構造です。焚火台本体の三角プレートは厚さ1.5mmのステンレス材を採用。一晩中焚火を楽しんでも壊れることの無い強さがあります。ジカロテーブルなど充実した付属アイテムも注目すべき♪

スノーピークランタン

もともとあったスノーピークランタン「ほおずき」の小さいバージョンです。丸みを持ったデザインや、シェードをシリコンで作り、暖かさを持たせています。本体上部はマグネットが付いていて、ひもに通して吊るすことも、マグネットをポールなどの鉄素材のものにくっつけることも出来ます。

ほおずき

シェードにシリコンラバーを採用したほおずきは、柔らかい光が特徴。また明るさは無段階で調整可能です。LED光源独特の強さを感じさせない暖色系の光は、自然を満喫したいキャンパーにもお勧めです。ゆらぎモードにすると音や風に反応して、明りがゆらめくろうそくの火のよう。

 

ギガパワーランタン”天”オートは、1998年にスノーピークが初めて出したガスランタンです。

小型ながら、最高80W相当を誇り、これまでのガスランタンに劣らない明るさを実現しました。微妙な火力コントロールもワイヤー式ハンドルで実現。

ギガパワー2Wayランタン

2Wayとは通常のガスカートリッジはもちろん、専用アダプタを使うことで家庭用CB缶もセットすることが出来るという意味です。

明るさも申し分なく90Wで、つり下げ用チェーンも標準装備しています。また付属のプラスチックケースに収納して運ぶことが出来るだけでなく、蓋を裏返すことでCB缶の台座としても利用できます。


スノーピークシザーズセット

キッチンシザーズセット

スノーピークシザーズセットは万能ばさみと切れ味の鋭いペティナイフのセットです。

専用収納ケースもついていて、アウトドア料理でかなり活躍できます。

スノーピークシザーズセット

セットのペティナイフは切れ味抜群( ゚Д゚)

気を付けないと手を軽く切ってしまうほど!

スノーピークでは多彩なフィールド包丁を準備していますが、このセットのペティナイフでも十分アウトドア料理に対応出来ます☆

スノーピーク シザーズセット

料理ばさみは何と8通りの使い道♪

栓抜き、缶フタ、瓶フタ開け、ニンニク潰し、肉たたき、銀杏割り、ギザ刃、ハサミまでこなしてしまいますっ!(*ノωノ)



スノーピークの良いところ!

「自らもユーザーである」

スノーピークの良いところの一つ目は「自らもユーザーである」という部分です。

 

新潟県にあるスノーピーク本社の目の前は、広大なキャンプ場が併設されています。

というよりも広大なキャンプ場の中に本社を置いているという感じです。

 

社長含めて社員の方々もここでキャンプをすることで、キャンパーたちの生の声を取り入れて開発に繋げています。

 

ユーザー目線だからこその細かい気配りが製品につながっているというのが人気の秘密かもしれません。

「製品を愛しているからこそ責任を持ち続けます」

スノーピークの良いところ二つ目は保障制度です。

 

スノーピークの製品には保証書がついていません。これは全ての商品に責任を持つという現れで、何か製品にトラブルが起きると一生涯保障しますということです。

 

本社に行くと会社見学が出来ますが、実際全国からメンテナンスや修理依頼のテントなどをメンテナンスしているところを見学することが出来ます。

 

長く使うからこそ、キャンプ用品は愛着がわいてくるものです。このサポート体制はスノーピークの良いところであり、少々価格が高くともそれなりの価値があると思えます。


 

※「~の良いところ!!」は独自の意見の為、他にも色々とある各メーカーの良いところを探してみてください。


スノーピークの経営理念

私達スノーピークは、一人一人の個性が最も重要であると自覚し、
同じ目標を共有する真の信頼で力を合わせ、
自然志向のライフスタイルを提案し実現するリーディングカンパニーをつくり上げよう。

私達は、常に変化し、革新を起こし、時代の流れを変えていきます。

私達は自らもユーザーであるという立場で考え、
お互いが感動できるモノやサービスを提供します。

私達は、私達に関わる全てのモノに良い影響を与えます。

 

 

スノーピークオフィシャルサイト抜粋

スノーピークの歴史

1958年 金物問屋として、山井幸雄商店を創業

 

1959年 オリジナル登山用品を開発。全国に販売を開始

 

1963年 「スノーピーク」を商標登録

 

1996年 現社長である山井太が就任。同時に株式会社スノーピークに社名変更

 

2011年 新潟県にキャンプ場併設の本社Headquartersへ