ザ・ノースフェイス THE NORTH FACE

ノースフェイス

ザ・ノースフェイスのキャンプスタイル

ノースフェイスロック2
ノースフェイスロック2

ザ・ノースフェイスの3シーズン用ドームテント、ロック2。

オレンジカラーはレアで、現在バンブーグリーンカラーが主流になっています。



ザ・ノースフェイスの良いところ!!

「信頼性」

ノースフェイスはキャンプ用品メーカーというよりも、本格登山向けの製品を開発してきています。

 

記憶に新しい三浦雄一郎さんのエベレスト登頂に役立っていたのもザ・ノースフェイスのテントだったりします。

 

キャンプ用のテントと考えるとラインナップがそれほど多いわけではありませんが、エベレストのような過酷な状況下でも対応出来る強度と信頼性は圧倒的な強みです。

「先駆者」

二つ目の良いところは、色々な部分で先駆者的な存在であるということです。

 

近年では当たり前になった寝袋の「最低温度企画表示」や、ドームテントはノースフェイスが始まりと言われています。

 

「自然に存在する複数の原理感の相互作用を調整し、これまでにない新しい機能を引き出す」というデザインサイエンスの基、商品開発を続けているブランドです。

 

※「~の良いところ!!」は独自の意見の為、他にも色々とある各メーカーの良いところを探してみてください。


ザ・ノースフェイス概要

1968年、米国のカリフォルニア州バークレーで創業。高品質のグースダウンを惜しげもなく使用したクオリティの高いスリーピングバッグ、ダウンパーカの 原形ともいえるシェラ・パーカ、世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」など、一切の妥協を許さず、高機能を追求し、テクノロジーの限界に挑戦 し続けてきた世界のアウトドア・ブランドです。

 

 

公式販売サイトGoldWin社サイト抜粋

ザ・ノースフェイスの歴史

1968年

創業

最低何度の気温まで快適に使用できるかという「最低温度規格表示」を明記したことで一気に知名度を上げる

 

1975年

世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」を開発

 

1976年

イギリス・カナダ合同隊によるパタゴニア遠征で、時速200kmとも伝えられる暴風雪に遭遇するも、唯一飛ばされることなく隊員を守り抜き、ドーム型テントが世界のスタンダードになる。

フレームパック「バックマジック」がデビュー。これはアルミ合金製のアウターフレームを持ち、腰に当たる部分に強化樹脂製のフレキシブル・サスペンションを備えた、いわばサスペンション付きパックの始祖となるもの

 

2008年

40周年を迎える