ヒルバーグ Hilleberg

ヒルバーグ

ヒルバーグのキャンプ用品

ヒルバーグナロGT
ヒルバーグナロ4GT

ヒルバーグHillebergナロ4GTは入り繰り部分を更に大きくデザインされ、長期のキャンプや子供連れのファミリーキャンパーさんに支持されているトンネル型テントです。


ヒルバーグナロ4GT
ヒルバーグナロ4GT

同じくヒルバーグナロ4GT。カラーバリエーションは、3色から選べます。



ヒルバーグの良いところ!!

「テントへのこだわり」

信頼性:各レーベルを取ってみてもテント生地、ポール直径、ガイドラインなどこだわって作っています。

適応性:各レーベルごとに使用するシーズン、環境を考慮し、それに対応できるように作られています。

使いやすさ:アウターとインナーテントを同時に張ることが出来るだけでなく、厚手の手袋をしていても設営できるよう考えられています。

耐久性:過酷な自然環境でも耐えうる試験を繰り返しています。

快適さ:空気の流れを計算し、快適性にもこだわっています。

軽さ:とにかく軽いということを目指すのではなく、強度を維持しながら開発されています。

「デザイン」

困難な天候の中でも容易に設営できるテントを作ろうと始まったヒルバーグはのデザインは基本的に「問題を解決する」という視点で進められて来ました。開発しているヒルバーグ自身が長い時間をテントで過ごし、その中から生み出されているのがヒルバーグのデザインです。

 

※「~の良いところ!!」は独自の意見の為、他にも色々とある各メーカーの良いところを探してみてください。


ヒルバーグ 経営理念

ヒルバーグ社はテントとバックカントリー・シェルターを作ります。それが私たちの仕事であり、1973年の最初のテント以来、私たちはたった1つのシンプルな判断基準によって突き動かされてきました。テントやシェルターの可能性を見定め、それから、その望ましいパフォーマンスのために6つの基本理念の最適なバランスでテントやシェルターを作っています。また、最高のパフォーマンスのバックカントリー・シェルターを生み出す、このデザイン手法を信じてもいます。

 

※オフィシャルサイト抜粋

ヒルバーグの歴史

1971年 Hilleberg設立

 

1973年 初のインナーとアウターが一つになったテントを開発

 

1975年 シリコンで被覆した引き裂に強い生地を生み出す

 

1980年 トンネル型テントKeron(ケロン)を発売

 

1990年 ドーム型テントStaika(スタイカ)を発売。南極探検隊で活躍

 

1998年 設営が簡単なテントSaivo(サイボ)を発表。

 

2013年 すべてのテントを4つのレーベルに分類