ランタンの選び方・比較|ガソリンランタン・ガスランタン・LEDランタン

ランタン選び方

ランタン選び3つのポイント

①雰囲気を大切にする

②明るさを優先する

③どこで使うか


キャンプ用品の中でも必須アイテムの一つ、ランタンです。

ランタンは扱いやすいLEDランタン(電池式)やソーラー式から、ベテラン向けのガソリンランタン、そして比較的扱いやすくサイトの雰囲気をより高めるガスランタンと選ぶことが出来ます。はじめガソリンランタンの扱いに不安がある場合はガスランタンからというのも良いかもしれません。

慣れてくるとガソリンランタンの「不自由さ」が愛着に変わり、日々のメンテナンスも楽しいものになってきます。

 

アウトドアメーカーでは身近なコールマンがLEDランタンからガソリンランタンまで幅広く取りそろえられ、ベテランキャンパーに人気のペトロマックスが最近は注目です。独自のデザイン性、扱いやすさからスノーピークランタンもおすすめです。


ランタンの選び方・比較

①雰囲気を優先にしたい

大自然の中で生活している実感を得るために、雰囲気を大切にしたい人はガソリンランタンがお勧めです。掃除の手間や、着火までの時間というのは、デメリットとしても考えられますが、逆に愛用している人たちは、その手間がガソリンランタンに対する愛着をもたせてくれるということでメリットになっているようです。少し手間を省きたい人はガスランタンでも大丈夫です。ともに電池式LEDランタンより価格は高くなります。

②明るさを優先したい

扱いやすさを優先するには電池式ランタンか、ガスランタンですが、明るさを優先するにはガソリンランタン⇒ガスランタン⇒電池式ランタンの順です。電池式のみの場合だと、テント周りは余り明るく出来ないものが多く、細かな部分で苦労してしまうかもしれません。またガソリン、ガス、電池すべてにおいて使用可能時間も確認したいところです。燃料が切れてしまっても大丈夫なように予備燃料を準備するのは必須ですが、意外に見落としがちなポイントです。

③どこで使うか

テント内でしようするには電池式しかありません。ガソリンランタンもガスランタンもテント内で使用すると一酸化炭素中毒になってしまいます。またテント内として、テントの天井からぶら下げることが出来たり色々なデザインが選べます。またLEDランタンは価格が安いものが多いので、キャンプ初心者にはLEDが良いかもしれません。



ランタンの種類・比較

ガソリンランタン

ペトロマックス
ペトロマックス

燃料はホワイトガソリン。サイト全体を照らすことが出来ます。安定した光量を提供し続けることが出来る半面、着火に時間がかかったり掃除の手間があるなど上級者向けランタンです。

 

ただ慣れてくるとポンピングなど自体が楽しめて、愛着がわいてくるキャンプアイテムの一つになるでしょう。


※写真提供キャンパー:スカさん

ガソリンランタン使用キャンパー

ペトロマックス
ペトロマックス

ペトロマックス

ガソリンランタンで最も人気のあるアイテムがペトロマックス。

デザイン性、機能性ともに玄人キャンパーに支持されています。


ペトロマックス
ペトロマックス

ペトロマックス

同じくペトロマックス使用キャンパーのスカさん。



ガスランタン

ガスランタン
ギガパワー天

カートリッジ式のガス燃料を使用します。取り換えも簡単で初心者向けのランタンです。ガソリンランタンとともにテント内では使えません。

ガスランタン使用キャンパー

ギガパワー2Wayオート
天オート

スノーピーク ギガパワー|天オート

スノーピークから出ているガスランタン2種。ギガパワー2Wayランタンと天オート。小さいのに十分な光量のガスランタンです。



LEDランタン・電池式ランタン・ソーラーランタン

ほおずき
クワッドLEDランタン

光量は弱めですが、安全なのがこの電池式ランタンです。電池式の為テント内で使用出来たり、虫が寄ってきにくいというメリットがあります。

中には懐中電灯の役割をするものもあり、トイレに行く際などに重宝します。

また電池の代わりにソーラーパネルのついたものも販売されるようになりました。災害時などのことを考えて準備する人も増えてきています。

 

写真左:スノーピークの「ほおずき」。光がユラユラと揺れる「揺らぎモード」など自然の雰囲気を壊さないランタンです。

写真右:コールマンの「クアッドLEDランタン」。4分割でき持ち運びできるのが特徴。LEDランタンの中では光量も十分です。