テントの選び方・比較|ドームテント・ツールームテント・モノポールテント

テント選び4つのポイント

①使用予定人数より大きめのテントを選ぶ

②テント選びは高さも考える

③一緒に行く人の人数を考える

④デザインをこだわる


テントは言うまでもなくキャンプにおいて最も重要なアイテムです。様々な種類のテントを各メーカーが出しているため、選ぶ方も大変です。テントは大きく分けてドームテント、ツールームテントやロッジ型テントのような大きいテント、真ん中にポールを1本立てたモノポールテント(ワンポールテント)とに分けられます。設営の簡単さを求めるキャンパーのためにワンタッチテントなども出始めています。初めてキャンプに行く場合は、キャンプ場のレンタルで試してみてから購入というのもありです。

 

アウトドアメーカーとしては先がけのコールマンがキャンプ場ではやはり目立ちます。ここ数年スノーピークがかなり多くなってきた中で、よりオリジナリティを求めるノルディスクのモノポールテントや、トンネル型テントのヒルバーグなども人気が出てきています。また事業譲渡によりキャンパルジャパンとなった小川キャンパルも信頼性から人気があります。ソロキャンパーや登山ではザ・ノースフェイスやMSRなどそれぞれのメーカーの特色、強みがはっきりと分かれてきています。焦らず各アウトドアブランドのテントを比較して最高なキャンプライフにしていきましょう。


テントの選び方・比較  4つのポイント

①テントは使用予定人数より大きめを選ぶ!

テントの使用人数というのは1人あたり45~60cmで計算されている場合が多いので、普通に考えて寝返りが打てない幅です。それも考えると少し大きめのサイズを選んでおいた方がテントの中でいろいろ動いたり遊んだり、のんびり出来ます。

例えばノースフェイスのRock2というドームテントの場合137cmの幅があります。1人用テントとして広く使うこともできますが、収容2人までOKです。シングルの細いテントも登山には向いていますが、キャンプで1人で使うには2人用がお勧めです。3人家族なら4,5人用とか大きめのものを選ぶのがよいと思います。

②テント選びは高さも考える!

小型のドームテントの場合は、寝ることも考えて床面積を基準に選ぶのがよいと思います。けれど快適性を考え始めると重要になってくるのはテントの高さです。2泊3泊になってくるとドームテントのようなスタイルよりも当然ロッジタイプのテントなどが快適になります。逆に山岳登山を考える場合は風の影響を受けにくい低いドーム構造が必須になります。確実に高さはチェックすべき項目ですね。

中で立つことはできませんがその狭さがそれはそれでフェチにはたまりません!!(`´)


③一緒に行く人の人数を考える!

1人用から3人用までのサイズであれば1人での設営も簡単になってきていますが、ファミリータイプになってくると4人以上で設営できると嬉しいですね。さらにサイズが大きいからといって大きいテントにしてしまうと、行ったキャンプ場で設営するスペースが確保できずに後悔することも(@_@;)場合によっては小さめのテントを各々準備してくるなんていうのもありです。その方が安いキャンプ場もあったりします。

④テントのデザインもこだわる!

これは趣味の話ですが意外に大事!

なぜなら、キャンプに行くとテントの中にいようと外にいようと視界にはほぼずっと愛しきテントちゃんが入っています。

自分の気に入った色、形のテントの脇で焚き火を見ながらコーヒーやお酒を片手に大好きな家族や仲間と語るなんて最高の幸せです!!

だからデザインには妥協しないようにしたいものです!!



ドーム型テント キャンプスタイル

【ドーム型テント】

小型・軽量・設営の簡易さに重点を置いたテントです。

2,3本のポールを組み合わせてインナーテントを立ち上げて、その上にフライシートと呼ぶ”屋根”をかぶせる構造です。前室が確保できるものが最近ではほとんどですが、寝る部分が大半のスペースになります。なれれば簡単に5分くらいで設営もできますし、移動も簡単なテントになります。

またテントによってはワンタッチで設営できるものも出てきています。ワンタッチテントは設営には強いですが悪天気に弱いなど、それぞれのテントの強み、弱みを把握して購入したいですよね。

ドームテントはツールームテントなどと比べて価格は安いのですが、リビングスペースのタープを併設する必要が出てきますので、合わせた価格を考えて選ぶようにしましょう。


スノーピークDockDomePro6

ドックドームPro6

スノーピークのProシリーズから新しいコンセプト、ドックドームPro6。シェルターとしてもドームテントとしても使用可能。

≫≫このキャンパーを見に行く

MSR PAPA HUBBA

PAPA HUBBA

山岳ブランドMSRからPAPA HUBBAドームテント。登山用としても使える強度が魅力のドームテントです。

≫≫このキャンパーを見に行く

Bergans WIGLO LT4

Bergans WIGLO LT4

通称「赤タマネギ」ベルガンスのウィグロはドームテントとモノポールテントの中間のような機構のテントです。

≫≫このキャンパーを見に行く


マウンテンダックス レラー

マウンテンダックス

マウンテンダックスは1977年半谷貞夫さんが設立した登山用品のメーカー。山岳救助などのレスキューが使っているほどの信頼性。

≫≫このキャンパーを見に行く

ザ・ノースフェイス ロック2

ノースフェイスロック2

ザ・ノースフェイスの3シーズンドームテント、ロック2。2本のポール+前室を作る為のサブポールで設営するテントです。

≫≫このキャンパーを見に行く

スノーピークアメニティドーム

アメニティドーム

こちらも定番スノーピークのアメニティドーム。このキャンパーは2幕並べてグループキャンプを楽しんでいました。

≫≫このキャンパーを見に行く


コールマン タビト

コールマンタビト

コールマンには珍しいソロキャンパー用テント、タビト。自然に溶け込む明るいグリーンカラーも人気の秘密。

≫≫このキャンパーを見に行く

ダンロップGR R327

ダンロップ テント

ツーリングに人気のダンロップのドームテント。収納、軽量の視点でバイク、ソロキャンパーに支持されています。

≫≫このキャンパーを見に行く

サウスフィールドドームテント

サウスフィールド ドームテント

アルペンが展開するキャンプブランドサウスフィールドのドームテントは、前後に大きく開くことで夏場での快適性をUP。

≫≫このキャンパーを見に行く



ドーム&ロッジ型テント&ツールームテント / トンネル型テント キャンプスタイル

【ロッジ型テント】

広さを最大限実現するためのテントです。設営は少し複雑なポールを組み合わせて屋根を持ちあげた後に、インナーテントを寝室用として吊り下げます。そのうえでフライシートをかぶせてからロープとペグで固定します。設営には慣れが必要になりますが、出来るようになると長期滞在の快適性は最高のものになると思います。

 

【ドーム&ロッジ型テント】

寝室としてのドーム型テントに、スクリーンテントという蚊帳のようなテントの合体したものです。スクリーンテントをダイニングに使ったり出来る大型でありながら設営も簡単になってきているものも増えてきています。

 

【トンネル型テント】

それほど高さがないものも多いですが、文字通りトンネルのように長いテントです。シェルターなどを併設するキャンパーも多く、独自のフォルムが人気のテント。

 

それぞれのテントは大きいものはタープが必要なくなるほどの機能性を持っています。

またタープ併設の場合だと区画サイトからはみ出してしまうということもありますので、サイズと行くキャンプ場のサイトサイズをチェックしておきましょう。またこのサイズのテントになってくると価格的にも高くなってきます。家族の人数、キャンプに行くグループ人数を考えてチョイスしてみてください。


小川キャンパル ミネルバN01

ミネルバN01

小川キャンパルロッジ型テント、ミネルバN01。広いスペースを確保できる独特のフォルムは玄人キャンパーに人気のデザイン。

≫≫このキャンパーを見に行く

ユニフレーム ユニツアー

ユニフレーム

メーカーの名前の通り、”ユニークなフレーム”を組み立ててからインナーテントをはめていくことで設営をしていきます。

≫≫このキャンパーを見に行く

ヒルバーグ

ヒルバーグ ナロ4GT

トンネル型テントのヒルバーグナロ4GT。鮮やかなレッドが目を引きます。シェルターと連結してベッドルームに。

≫≫このキャンパーを見に行く


スノーピーク ランドロック

ランドロック

スノーピークのランドロックは大人数でも十分な広さ。シェルターとして使っているキャンパーもいます。

≫≫このキャンパーを見に行く

ノルディスク Reisa6PU

ノルディスク

ノルディスクはヨーロッパ発信のアウトドアブランドとして、モノポールテントなども人気のメーカーです。

≫≫このキャンパーを見に行く

コールマン ツールームテント

コールマンツールームテント

コールマンウェザーマスターツールームテントはUS仕様の珍しいテント。カラーもコールマンジャパンにはないラインナップです。

≫≫このキャンパーを見に行く


スノーピーク トルテュPro

トルティユPro

きました、スノーピークのProシリーズからトルテュPro。ロングキャンプにはもってこいのトルテュProはスペックも最高峰の幕です。

≫≫このキャンパーを見に行く

Cabanon Neptune 3

Cabanon Neptune 3

フランステントメーカーのリッジテント、ネプチューンです。でるで家のようなつくり幕の素材はコットンのため温かさを感じるサイトを演出出来ます。

≫≫このキャンパーを見に行く

MSRバックカントリーバーン

MSRバックカントリーバーン

山岳テントメーカーのMSRより、オートキャンプにも使用できるバックカントリーバーンの紹介。リビングでも寝室でも使用できます。

≫≫このキャンパーを見に行く


小川キャンパル ティエラ5-EX

小川キャンパル ティエラ5-EX

小川キャンパルのツールームテント。側面からの出入りも自由が効くティエラは、区画サイトにもフィットする丁度良いサイズ感。

≫≫このキャンパーを見に行く

ROBENS TRIPLE DREAMER

ROBENS TRIPLE DREAMER

かなりレアなRobensのトリプルドリーマーというツールームテント。天気が悪くてもビニール窓から外をのぞけます。

≫≫このキャンパーを見に行く

ウェザーマスターツールーム

コールマンのハイスペックシリーズ、ウェザーマスターのツールームテントです。コールマン最高の機能を装備しています。

≫≫このキャンパーを見に行く


eureka! HABITAT RS

eureka! HABITAT RS

日本での販売はほぼなく、購入するには輸入代行などが必要なeureka! HABITAT RS。クリア窓だけでなく中の敷居など独特のデザイン。

≫≫このキャンパーを見に行く

小川キャンパル ツインピルツ

小川キャンパルツインピルツ

根強い人気の小川キャンパル。ツインピルツはシェルター、ツールーム、ワンルーム+シェルターと、レイアウトの自由度が高いテントです。

≫≫このキャンパーを見に行く

ノルディスク レイサ6

ノルディスクレイサ6

ノルディスクレイサ6は、ワンルーム使用の場合は4人泊、ツールーム使用の場合は4人+2人泊とに分けられます。寝室を更に区切るなどグループ使用も可能。

≫≫このキャンパーを見に行く



ワンポールテント(モノポールテント) / A型テント キャンプスタイル

モノポールテント

【ワンポールテント(モノポールテント)】

真ん中に大きなポールを立てて、そこから幕を下ろすスタイルのテントです。

最大の魅力はそのスタイル。設営には真ん中のポールをしっかりとペグダウンする必要があり、更に風に倒されないよう全方位をキッチリとペグダウンする必要があります。またドームテントと違い居住空間は狭く感じてしまうのもあります。それ以上のデザイン性に魅力があり、最近人気が出てきているのも事実です。おしゃれなキャンプを求める方にはお勧め。

 

【A型テント】

正面から見ると「A」の字のようになっているタイプのテント。ボーイスカウトなどでよく使われていたもので、ヘキサタープのように2本のポールを立て、そこを軸に屋根を作ります。


Canvascamp

Canvascamp

Canvascampのモノポールテント。幕生地はコットン素材のため、耐火性に優れています。ベルギー製。

≫≫このキャンパーを見に行く

ゴーライト シャングリラ5

シャングリラ

ゴーライトのシャングリラ5はスモールサイズのモノポールテント。おしゃれキャンプを追求したソロ、少人数キャンプに〇。

≫≫このキャンパーを見に行く

NORDISK アルヘイム

NORDISK アルヘイム

最近おしゃれキャンパーの支持を集め始めているノルディスクのアルヘイム。設営は見た目ほど大変ではないのも人気。

≫≫このキャンパーを見に行く


シャングリラ5

シャングリラ

シャングリラ5はポールの高さを調節することも出来ます。設営の簡単さとちょっとした全室スペースもありがたいですよね。

≫≫このキャンパーを見に行く

A型テント

A型テント

メーカー名不詳のA型テント。入り口と奥に2本のポールを立てて設営。今ではなかなか見ることの減ったスタイルです。

≫≫このキャンパーを見に行く

ノルディスク アルフェイム

ノルディスクアルフェイム

ノルディスクアルフェイムは高さ3.5m、床直径5mで、かなりの空間の広さを実感できます。コットン生地も人気理由です。

≫≫このキャンパーを見に行く