ダッチオーブンのメンテナンス

ホームBeginnerキャンプ用品のメンテナンス>ダッチオーブンのメンテナンス

寝袋メンテナンス

ダッチオーブンのメンテナンス方法


シーズニング

シーズニングとは、ダッチオーブンを初めて使う際に必要な工程で、さび止めワックスを落とすことを言います。

コールマンなど中にはシーズニング不要のダッチオーブンも売っていますが、たいていは必要な工程になりますので、購入の際にはチェックが必要です。

シーズニングをしないで料理をすると、ワックス臭く、とても食べられないので注意です。

 

 

STEP1) さび止めを落とす

洗剤や重層(じゅうそう)を使用し、柔らかいスポンジでまずは軽く洗いましょう。

洗い終わったら布でふきます。

キャンプ場でシーズニングを行う際には必ずエコ洗剤を使用することも忘れないように☆

 

STEP2) 加熱して油を塗る

次に加熱して完全に水分を飛ばします。表面が黒っぽくなり、それが全体に広がってきたところまで加熱します。

ここまできたら、熱くなっている状態のまま、植物性油を布でまんべんなく塗り込みます。

 

STEP3) 冷ます

油をまんべんなく塗り終わったら自然乾燥をします。乾燥したら再び熱してSTEP2、STEP3を2~3回繰り返します。

 

STEP4) クズ炒め

ここまできても臭いが残る場合は、玉ねぎの皮やネギ、など匂いの強い野菜のくずを炒めましょう。



ダッチオーブン使用後のメンテナンス

ダッチオーブンは使えば使うほど味が出て美しくなります。

自分だけのダッチオーブンを作るためにも、使用後のメンテナンスを丁寧にしましょう。

 

STEP1) お湯洗い

ダッチオーブンの料理を美味しく食べたら、まずお湯洗いをします。

この際洗剤は使ってはいけません。せっかく浸みこんだ油を取り除いてしまうことになってしまいます。

熱湯をダッチオーブンに注ぎ、沸騰させながら木べらなどで汚れをこすり取りましょう。

 

STEP2) 汚れを取ってから再加熱

次に布などを使用して残った汚れを水滴ごと拭き取ります。炭火やツーバーナーなどで完全に乾かしましょう。

炭火で乾かす際は放置しすぎに注意。

 

STEP3) 油を塗り込む

水気が完全になくなるまで乾燥させたら火を止めます。

熱くなっている状態のまま、ダッチオーブンに植物性の油を塗り込みます。

STEP2の加熱からSTEP3までを繰り返します。

 

STEP4) 保管

STEP3まで終わったら冷まします。

自然に冷めたことを確認したら新聞紙にくるんで湿気の無いところで保管しましょう。

中に炭を入れておくと脱臭、湿気対策にもなります。



ガンコ汚れの対処

それでもこびりついてしまった汚れや錆をどうやって綺麗にするか!?

本来ダッチオーブンの大敵、塩分が味方になる??

 

STEP1) 加熱

まずはツーバーナーや炭火で再度加熱をします。

汚れは食べ物の残りだったりしますので、加熱をすることで炭化し、錆も落としやすくなります。

加熱しすぎは穴が開く原因になるので放置し過ぎには注意が必要です。


STEP2) 塩

十分に熱したらそこに塩を大量に乗せます。

そのまま少し塩を熱します。

 

STEP3) 新聞紙でこする

塩が熱くなったら新聞紙で錆びた部分、汚れのひどい部分をこすります。

ガンコな汚れを取るためということで、鉄たわしなどでこするとダッチオーブンに傷が付いてしまい、さらなる錆の原因になるので注意。

 

STEP4) メンテナンスへ戻る

ここまで出来たらメンテナンスのSTEPへ戻ります。

塩を落とす際に、急激に水などで冷やして洗うと割れの原因になるので注意が必要。


ダッチオーブン使用上の注意点

濡れたままの放置

ダッチオーブンはステンレスの鍋と違い鉄です。

その為錆びやすいという特性があります。

雨や伊豆に濡らしたままにしてしまうとあっという間に錆びてしまいます。

保管の際には湿気を避けるようにする必要があります。

また、塩分も錆びの原因になりますので、食べ物を入れっぱなしにすることも注意が必要です。

空炊きし過ぎ

長時間に及ぶ空炊きも注意が必要です。

軽くて便利なアルミのダッチオーブンの場合、長時間の空炊きをすると穴が空いてしまったり、溶けてしまうことにつながります。

鋳鉄製もダッチオーブンであっても、極度の長時間空炊きを続けるとヒビが入ってしまうこともありますので注意が必要です。


乱暴に扱う

これはキャンプ用品全てに当てはまることですが、ダッチオーブンも丁寧に扱いましょう。

実際に持ってみると、ずっしりとしていて、鋳鉄製ですから少し位大丈夫だろうと思ってしまいます。

特に足が付いているダッチオーブンは足が折れてしまうことがありますので注意です。

急激に冷やす

熱々のダッチオーブンに急激に水を入れることは危険です。

焦げ付いた料理を浮き上がらせる為にお湯を沸かすことが効果的ですが、お湯を入れるのではなく、水から温めようとして急激に水を入れると温度変化に耐えられずに割れることがあります。


洗剤

メンテナンスのところでも書いてありますが、洗剤を使用するのはNGです。

シーズニング、メンテナンスでしみこませた油がとれてしまうからです。

油が取れてしまうと焦げやすくなってしまったり、錆びの原因にもつながってしまいます。

保管場所

ダッチオーブンは湿気が大の苦手です。

自宅のシンクの下など、風通しが悪く湿気のある場所で保管してしまうと、錆びの原因になります。買った際の箱に入れておくのも通気性が悪くあまりお勧めできません。



テントのメンテナンス

テントメンテナンス

寝袋のメンテナンス

寝袋のメンテナンス

ダッチオーブンメンテナンス

BBQグリルのメンテナンス