火起こしのコツ

スムーズな火起こしのコツ!!

初めての人たちだけのキャンプで意外に苦労するのが火起こしです。

慣れれば直ぐに火を起こすことが出来るようになりますので、簡単なコツを載せておきます。


まずは薪と炭とチャコールの違いから♪



薪・炭・チャコール

まず、薪と炭とチャコールの解説です。

基本的に焚火に使います。

 

乾燥している燃えやすい木を使用しているので、点火後の火を強める役割としても使います。

炭はお肉を焼いたりと、バーベキューに使います。

 

中々火が付きにくい分、一度火がつくと燃焼時間はずっと長いです。

チャコール

チャコールは着火剤として使います。

 

油を含んでいるので、火を付けるのが簡単なのでキャンプ初心者向けです。



着火のコツ

①薪を組む

薪

まず薪をテントを張るように縦方向に組み立てます。

 

なるべく空気が入るようにと、下部分にチャコールと新聞(段ボール)を入れる隙間が出来るようにします。

また薪は余り太い物ではなく、外側の皮に近い薄いものや細い物をまずは組むようにしましょう。

②新聞紙・チャコール

薪

絵のように下の部分に新聞紙を丸めたものと、チャコールを入れます。

チャコールに関しては塊のままより少しバラして薪に立てかけるようにします。

新聞紙がなかった場合は、段ボールでも代用できます。

新聞紙に関しては裏技を確認してみてください。

③上に炭を乗せる

炭

最後に薪の組んだ上の部分に炭を置いておきます。

うまく詰めないようであれば炭を乗せるのは薪がついた後でも大丈夫です。

④火をつける

炭

チャッカマンなどがあればそれを使い新聞紙とチャコールに火をつけます。

チャッカマンがなければ段ボールを長く棒状にしたものなどでも大丈夫です。

新聞紙とチャコールに火が付くと、自然に薪に火が移り、薪に火が付くと炭に火が付きます。