キャンプ場についたら

キャンプ場についたらまず何をする??

いよいよキャンプ場に着いたぞー!!

というところからの解説です☆


キャンプ場についたらまずは受付を済ませてテントサイトを決めよう♪



キャンプ場の受付をする

受付

キャンプ場についたらまずはじめにすることはキャンプ場の受付を済ませることです。たいていのオートキャンプ場であれば、車でキャンプ場の入口に受付があります。公園の場合は管理事務所を探しましょう。

「こんにちはーー!!」と大きな挨拶をしてから受付をすると気持ちいいですね☆
意外にこの元気な挨拶で薪をくれたりするキャンプ場があったりする(--+)

キャンプ場によって人数、車の台数、テントの数など料金が色々違います。不安な人は事前に調べておきましょう。中にはテントの大きさによって料金が違う場合もあり、2人用の小さなテントなのに「テント1つ」というだけで大型と同じ料金になったりします。キャンプに来られた人たちによって運営されているので、余りケチらなくてもよいと思いますが、事前には調べた方が良いかもしれませんね。

 

また営業時間についても事前に確認が必要です。チェックイン、チェックアウトに関してはキャンプ場ごとにまちまちです。



サイト(テントを張る場所)を選ぶ

次にすることはテントを張る場所を探します。

 

ハイシーズンだとどこもいっぱいで選べないこともありますが、出来る限り良いスペースを確保したいものです。

良いサイトというのは選び方は以下が参考になります。


【お勧めポイント】

①周りにキャンパーがいない

→出来るだけプライベート感を保ちたいものです。受付の周辺、車の通り道、トイレのすぐ近くなどは、夜中でも人の気配が途切れないので落ち着かないでしょう。

②木陰

→ キャンプ場に着いた日がそれほど日が出ていなくても、翌日には炎天下ということもあり得ます。また木陰であればいざ雨が降って来た時など少し雨のダメージ を軽減出来ます。ただ、木のそばだと広いスペースを確保できない可能性もあるので、大きめのテントの場合にはやはりタープも準備していくのが良いと思いま す。更にランタンを木にかけたり、タオルを掛けたり何かと便利です。ガスランタン、ガソリンランタンを掛ける際は木をつけてくださいね。

③平らなところ

→ 坂になっていたり、ごろごろとした石が多い場所は中々寝るのが難しくなります。石はマットをしっかりと準備すれば何とか解消出来ますが、あまりお勧めしま せん。また、くぼ地は雨が降ってきたときに、直ぐに水が溜まり、最悪の場合はテントに水が入ってきてしまうということもありますので注意してください。

 

【NGなポイント】

①中州

→上流での雨が鉄砲水になったり、水位が上がるだけであっという間になくなることがあるので絶対にテントを張ってはいけないところです。

②崖のそば

→崖のそばも土砂崩れの危険性からテントを張るのは避けましょう。中州同様にその日の天気が良い悪い関係なく危険なところです。

③カップルのすぐ隣

→羨ましいけどそっとしておいてあげましょ\(゜ロ\)(/ロ゜)/



テント・タープを張る

テント設営

場所が決まればいよいよテント・タープの設営です!(^v^)

特に初めての場合はあらかじめ自宅や駐車場(安全確認のうえ)などでテントを張る練習をしてからの方がお勧め。

 

イトの中でのテントの位置づけで注意したいポイントは以下の通りです。

 

①火から離れる

→焚火をする場所を考えて少し離れたところにテントを張るようにしましょう。風向き次第で火の粉がテントに穴を開けてしまったり危険です。

②風向き

→時間によって風向きは変わりますが、火の風下にテントが来ないように計算しましょう。

更に夏場であれば通気を考えてテントの入口、通気口が風の向きと平行になるようにすると気持ちよく過ごせます。

③石の除去

→意外に小さな石でも寝苦しくなります。出来る限りテントの下に石がない状態にしましょう。マットで解決することも出来ますが、テントへのダメージを減らす為にも必要です。



キッチン・カマドの準備

テント・タープが準備出来たら、一休み♪

 

一休みしたらキッチン・ダイニングと焚火の準備です。

 

キッチン組はテーブルとチェアをセットしてから野菜洗ったり、切っていつでもバーベキュー出来る状態にしたりします。

 

焚火担当は直火可能のキャンプ場であればカマドを作るところから始まります。

 

【カマド作りのポイント】

①なるべく平らな大きい石を集める

→石を積んだ上に網を張り、直火でバーベキューする場合には必須ポイントです。

②空気の通り路を作る

→「コ」の字型、もしくは「二」の字型にしますが、空気の通りを考えます。

石と石の隙間はある程度確保しておきます。

③風下に設置

→テントから離れたところ、かつ風下になるよう位置を決めましょう。風上だと悲惨なことになります。

キッチン


のんびり好きなことをする

ケリーケトル

ここまで準備出来ればしばらくご飯の時間までのんびり好きなことをしましょう♪

川遊びをするでもよいし、それぞれのキャンプ場の特色を生かした遊びを思いっきり楽しみましょう☆

 

時期によっては蚊取り線香の準備もお忘れなく。

 

全く何もせずにぼーっとするのも最高です!(^v^)

お勧めの過ごし方は、コーヒー♪

 



火を起こす

そろそろご飯の準備をしようという時間になったら火を起こします。

火起こしのコツはコチラ


Let's Enjoy BBQ!!!

バーベキュー

炭の準備が出来たらいよいよバーベキュー!!!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

写真はいつも一番人気の豚バラのブロック!

お肉は基本的に塊で焼く方がうまみが中に残り美味しく焼けるそうです!

焼けてきてからナイフで少しずつ切って食べると「世界一美味しい肉がこれだ」ということが分かるハズ!!

【お肉を焼く時の注意点】

写真のように火がボーボー燃えている状態で焼くと、あっという間に焦げてしまいます。ボーボーが収まり、炭の状態になってから焼くようにしましょう。

目安は手をかざして3,4秒我慢できる程度の炭の状態がベスト。



焚火を楽しむ

キャンプ夜

バーベキューを楽しんだら珈琲やお酒でも片手に焚火を楽しもう!!

 

火を観ながら友人家族と語りあったりすると意外に本音で普段話せたりしないことも話せたりします。

夏場は怪談話も盛り上がります<(`^´)>

 

最高の時間です♪